ケータイ小説 野いちご

迷惑なイケメンに好かれました。




いやいや、別に驚くところじゃないでしょ。

二人とも知ってるでしょ?私の男嫌い。





「そうだよねっ!芽依は男なんて嫌いだもんねっ!」


「うん。しかも壁とか論外だから。話にならないよ」






そう言うと、ぱぁぁっと表情を明るくさせた千春。


か、可愛すぎる。千春の笑顔は破壊力が凄まじい。


だけど、そんな私をよそに





「持田くんだけは特別、って絶対に言わせて見せる!」





壁だけは何だか、更にやる気がみなぎってしまったようです。









< 19/ 457 >