ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

「モモ、家で寝てるって。
あいつ、昨日食い過ぎたんだろうな。

背低いんだから
もっと食え、もっと食えって
おばさんにめちゃめちゃ食わされたっ
つってたから」



「お前の家族、まじで仲良いな。」



笑っている一樹を洋二がつついた。



「は?そんなことねぇよ。
親からのメール、マジうざいし。


父親は無関心が服きて歩いてるような
無責任な人間だし。

俺、家も親も、嫌い」



「ま、どこもそんなもんだろ。
可愛いじゃん、妹のモモちゃん。

俺、かなり好きなタイプなんだよな。
今度、兄妹で合コンしようぜ?」



「お前、今後モモの100km以内に
近寄ったら殺すわ。」



「100kmって…学校いけねぇじゃん。」



「もともと行ってねぇだろ、お前。」



「あ、そっか。
……って一樹、怖すぎるから」



「ったく、蒼介だけだよ。
信頼できんの」


「なんだよ。
蒼介は年上好きなだけじゃん。」



これ以上、ここで一樹の話を
聞いていられそうになかった。



「悪りい。ダルいからやっぱ帰るわ」



そう言って、公園を後にした。




< 187/ 420 >