ケータイ小説 野いちご

彼氏人形(ホラー)

高校1年生の夏休みに初めて2人で遠くへ出かけて、そこで夕日をみながらキスをした。


高校1年生の終わりごろに些細なことで喧嘩をして別れそうになった。


など、懐かしそうに目を細めて蒼太は話た。


あたしはその話を聞いてその光景を想像してみると、まるであたしたちはほんとに昔から付き合っているカップルのような錯覚を覚えた。


目を閉じれば夕日をバックにしたキスシーンが瞼の裏に浮かんでくるし、喧嘩した時の素直になれない感情もリアルに感じることができた。


それだけねんみつに作り上げられた記憶を蒼太は持っている、ということだった。


あたしは蒼太の昔話に耳を傾けながら、徐々に瞼が重たくなるのを感じていた。


蒼太の声が遠くに聞こえてきたころ、誰かがあたしの体を抱え上げ、馴れたベッドの上へと移動させてくれた。


布団に包まれている感覚に安心したあたしは、そのまま眠りについてしまったのだった。

< 56/ 304 >