ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】






また、私は伊織と会える。





そして、今度こそ。



今度こそ。




その、泣き出しそうな顔を。

体を。



抱きしめるんだ。




そして。


私がそばにいるよ。


って。


そうやって、安心させるんだ。




今度こそ。

もう、間違わない。
迷わないから。




だから、伊織。





お願いだから、笑っていて。




< 326/ 813 >