ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

その日はおもいっきりカラオケで歌って、店を出た頃にはすっかり元気を取り戻していた。

あまりにもマイクを占領する私に順二と和からクレームが入ったけど、気にせず歌った。


「和、順二っ、ありがとう!」


帰り際、私は二人に向かって礼を言った。
心配してくれた二人の気持ちが素直に嬉しかった。


「何言ってんの!?別に私がカラオケ行きたかっただけだし」


「勘違いすんなよー?」

和と順二は声を揃えてそう言うけど、私はふふんっと満面の笑みで返した。

「じゃ、私帰るからっ」


「えっ?」


「じゃーねー!」


「おいっ!」

止める私と順二の声も聞かず、和はさっさと帰って行った。


< 203/ 813 >