ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】



私が慌てて電話を切ったのには理由があった。




だって。





目の前の映画館入り口には。









あの伊織がいたんだ。






< 24/ 813 >