ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人喰い蟲



隼人は、
彼女の心臓を喰い尽くすと、ふらつく足で
おもむろに立ち上がった。



そして俺に気付いた。



『ナンダ?オマエ。ヘンナ格好シテ、コロサレタイノカ?』


隼人は、不気味に
笑いながら俺に近づいてきた。




もうこいつは隼人ではない。



ここまで来たら、もう
この救世主じゃこいつは助けられない。



< 61/ 73 >