ケータイ小説 野いちご

セカンドラブ



将太は試合どうだったんだろう?


昨晩電話なかったな・・・


試合後だから朝練はないはず


いつものように待ち伏せ


目の前に現れたのは…


足をかばいながら歩く姿の将太



何があったの?


「将太 大丈夫?」


「ああ」


「将太くん!!おはよう」


優子がやって来た


「おはよう
昨日はありがとうな」


「何いってんの?マネージャーとして当たり前のことしただけだよ」


「いやいや お前も暇じゃないのにさ!!」


「まぁ 彼女さんが来てたらあたしがしなくてもねぇー」


と あたしを見る


何も言い返せない・・・




< 40/ 217 >