ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

新たな

―――――――――――――――――――――――




私は
一度だって

伊織を
責めたことなんかない。


ただ、伊織が

泣かなければいい。



そう、思うだけなのに。





―――――――――――――――――――――――

< 756/ 813 >