ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ちょっと変わった白雪姫

天然鈍感な姫
白雪姫side



コンコンッ


白雪姫は家のドアをノックしました。


すると小人が家から出てきました。


小「どちら様です……か////っ?」


白『私は白雪姫と申します。家賃は払うので
 ここに住まわせてください。』


白雪姫はさらに続けます。


白『そうですね…毎月9万でどうでしょう?
 納得行きませんか?なんなら掃除、洗濯、
 お食事もつくりますよ?だめですか?』


小人は放心状態でしたが、はっ、と気づき


小「そんなものはいりません。
 狭いですがどうぞ住んでください。」


慌てて答えました。


白『ありがとう。ニコッ』


小「//////////っ、い、いえ」


どうやら小人も白雪姫を好きになって


しまったようです。



< 12/ 27 >