ケータイ小説 野いちご

S系彼氏とラブダンク【完】

みー

「きゃぁぁぁぁぁあー!!駿くーん!!」

「え?速水さん?!なんで一緒に来てるの?」

「いやぁぁぁあー!!」

女の子たちの声が聞こえてくる…。
怖い…。

すると…。

「お前ら!!速水沙奈は俺の彼女や!手ぇ出したら許さんぞ?覚悟しとけよ?文句ある奴おったら俺に言いに来い!」

駿…。

「あたしはお似合いやと思うわ!」

「ヒューヒュー!!」

「お幸せにー!!」

え?!
みんな…。

「な?大丈夫やろ?」

『うん!』

これからも駿がいればなにがあっても大丈夫な気がした…。



< 8/ 19 >