ケータイ小説 野いちご

S系彼氏とラブダンク【完】

ふー

次の日

ピーンポーン

家のベルが鳴り響いた…

「はーい!どちらさんですかー?」

お母さんの声二階まで聞こえてるやん…。

「あ、沙奈さんとお付き合いさせてもらってます!佐原駿といいます!沙奈さんいますかー?」

て、え?ちょ…駿?!

「あらーやだーイケメンー!!ちょっとまっててね?沙奈呼んでくるからー沙奈ー!駿君よー!お母さん彼氏いるなんて聞いてないわよー!」

もーお母さんそんなおっきい声で…。
聞こえてるし…。

『はーい!』

てゆーかそれより駿やん…なんで?!






< 6/ 19 >