ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幕末パノラマ

第一章
君の名





ーーー・・・


「もらいっ!」



パクっと一口彼女のアイスを食べる俺




「あ〜っ!!!」



一番美味しい所を俺に食べられ、大声をあげる彼女




「馬鹿春!馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿ッ〜!」



「って、そんな殴るなよ」


ポコポコと殴る彼女の手を掴むと顔を近づける



涙目で牙をむく彼女、まるでそれは人に懐くことのない猫





「ひどいっ!」



「いーだろ、わざわざ俺はカロリーをシェアしてあげたんだぞ?」




「別にしなくてよかった!」






< 67/ 241 >