ケータイ小説 野いちご

幕末パノラマ

第一章
只今を持ちして隊士(仮)となります




ーー・・


「斬るか...」





「ちょ、ちょッ待った!土方さん!」

何人もの人が土方の足や手、腰にしがみつき俺を斬るのをとめにかかる

まあ、そりゃあスラリと真剣が俺に向けられているのだからとめにかかってもらわないと困る




「そ、そうだ、歳少し話を聞こうじゃな「近藤さん!さっき散々こいつのデタラメな話を聞いただろーが!未来から来ただの、どうやってきたか分からないだの、直前の記憶がないだと...言い訳にしか聞こえねえよ!!!!」」












< 24/ 241 >