ケータイ小説 野いちご

【完】溺愛プリンセス~最強Boysに愛されて~

▼BOYS-2-:PRINCESS
重ねてる面影:春希side






その子はあの子じゃないよ──と誰かが
俺を責める。



そんなのわかってる。



ただの甘い幻想。そんなことだって、わ
かってるけど。



それでも重ねてしまう面影。



俺は君に、とても理不尽で、儚い期待を
抱いているんだ。



期待なんて裏切られるものだと、知って
いるのにね。












「……今日は春希なのね」

「そーだよーっ!おはよう麗ちゃん」



ドアから出てきた麗ちゃんは、俺を見る
と少し安堵したような表情を浮かべた。



といっても、ほんのすこしの表情の変化
だから、うっかりすれば見落としてしま
うくらい。



本当に、感情の少ない子だな……。



それにしても、と麗ちゃんをチラッと見
る。






< 147/ 366 >