ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冷蝶と呼ばれた女

第2章 仲間
*倉庫に行ったけど…⁉




あれから、氷帝が私の周りを


うろうろしていてウザい。


瑞稀「ウザいんだけど?」


玲「倉庫来い」


瑞稀「やだ」


玲「じゃ、しょうがない。

強制連行だ」


柊と司が私の腕を持とうとしたけど


私はかわした。


柊「なんでかわすんだよ?」


司「かわされて、俺コケかけたんだかんな‼」


瑞稀「私に触るな‼」




< 33/ 192 >