ケータイ小説 野いちご

人喰い蟲

人喰い蟲の生態



賢二は
教授の家の合鍵を
つかって



あるものを
探索していた。




『あった!』



教授が体内で寄生していた蟲による人体の影響を
綴っていた本だ。


これに症状がかかるているかも知れない。





教授は、死ぬ前に
一度だけ俺にこういっていた。




『もし困ったことがあったら、この合鍵をつかって家に入り、地下室にいきなさい。そこの地下室には簡単には人がとおれないようにもうひとつの部屋がある。』




そういって渡されたのが
この合鍵だった。

< 33/ 73 >