ケータイ小説 野いちご

紫桜姫〜新撰組と紫音の力〜

第一章
役目


紫音は家に帰ると、母に呼ばれた。

紫音が向かったのは、神社。

紫音の母はここで巫女をしている。

紫音はそっと障子を開けた。

紫「母さん。何の用だ?」

紫音が聞くと、母は真剣な顔をして答えた。

母「…さっき、お告げがあったの。【怒濤の時代を生きてきた者たちがこの現世に現れるであろう。】と。だから、今夜の見回りは気をつけて。」

< 23/ 208 >