ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ブラック プリンセス Ⅱ

過去を知った男たち…





その時



ガラガラ…


ドアが開いた音がした。

私はいまだに、瑠璃に
頭を踏まれてるから
誰がきたのか分からない。


でも、すくなくとも、
こんなところを見られて、
いいきはしない。



「何してやがる。」











< 84/ 110 >