ケータイ小説 野いちご

囚われの身のメイド様!!?〜いじわる三つ子の甘い檻〜

STAGE2〜ご主人様のイタズラ〜
純情少女のSOS!!





奴らのメイドとなって早二週間。



私の苦労は絶えないのです。




白黒の上品かつ清楚なメイド服に身を包みスタスタと廊下を歩く。




「はー。今日も疲れたな〜」



バイトは全部やめたけど、やっぱり奴らの相手はある意味バイト以上に疲れる。



ああ、私、何回ため息ついた?



窓の外はすっかり真っ暗。


星がキラキラとしてとても綺麗。





うっとりとそんな夜空に見とれる。


乙女的な感じで。





願わくば、今日こそ平和に一日が終わって欲しい。


ほちぃ。












< 33/ 244 >