ケータイ小説 野いちご

“またね。”

第1章+始まり+
重なる不安


いつもの昼休みの風景。

大輔と遊んだ翌日にまずしたことは、伊織に一部始終を報告。

「いや…うん。さすがにすごいわ。運命ってあるのかね」

さすがの隆志も、腕を組みながら降参する。

そんな隆志に、勝ち誇るように笑って見せた。

「アドレス交換できたか?」

「したした!」

大輔からだけど。

「んー…でもなあ。すごいとは思うけど、軽いだけじゃん。山岸」

伊織が綺麗に足を組み、菜摘に向けてビシッと指を指す。

はしゃいでいた菜摘と隆志もピタッと止まった。

「…やっぱそうかな」

否定できない。

軽くないよって、自信なんて持てない。

だって、大輔のことまだ何も知らない。

菜摘はいつからこんな臆病になったんだ、本当に。



しゅんとしていると、隆志が菜摘の肩に手を置いた。

「まあいいじゃん。軽いかどうかなんて、これから知っていけばいいし」

隆志が伊織を横目に見ながらなだめる。

「それに、これで行く高校は決まったろ?」

確かに大輔と出会ったことで、志望校は自然と決まっていた。

菜摘は自他共に認めるほど単純だ。

「…うん、そだね」

素直になれない菜摘は、俯いて視線を逸らす。

表には出さなかったけれど、なかなか前に進めなかった菜摘を、ふたりはいつも影で支えてくれていた。

本当にありがたくて、少し恥ずかしい。

「…まあそうだよね。あたし勉強教えるから、頑張ろうね」

「髪も黒くしなきゃ。来週は願書の写真撮るし」

ふたりに押され、菜摘は静かに頷いた。



今日帰ったら、髪を黒くしよう。

ふたりの温かさに応えたい。



< 35/ 407 >