ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

刻印を持つ古の巫女

第三章
千覇は誰だ!



うぅ…苦しい…。
右手が焼けるように熱い…。




なんなのこれは?




「紗良、紗良…。」




誰かが私を呼んでいる。




ゆっくり目を開けるとそこは




えっ!ここはどこ?
まるでさっき炎君に連れて来てもらった魔界のようだけど…。




「まさか、それはないよね。」




「何がないの、紗良?」




「っ、鬼慈志…。」




「フフフ、紗良に会いたくて会いに来ちゃった。」




可愛く笑う鬼慈志はまるで少年。





< 162/ 280 >