ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

超能力的生徒会 in 蝶野学園

私が生徒会の一員?
Fourth: 蝶野学園の文化祭

やがて、9月の下旬頃になり...

「先輩方、そういえば、そろそろ文化祭の出し物を決めないと」

私達Sクラスは全員そろっています。
いや~あれから喧嘩はなく、どの学園も攻めてこず、
平和に暮らしております~。

「文化祭?」
「ああ、結衣先輩って一応新入りでしたもんね。文化祭には一人二つでないといけないんですよ。一つはクラスごと、要するに私達Sクラスの皆でです。で、もう一つは通常クラス的な所でです。」
「私ってどのクラス?」
「結衣は確か悟と同じクラスだったと思うけど」
「へ~。私ってちゃんとしたクラスにも入っていたんだ」
「はい。ちなみに校舎は全部、小等部、中等部、高等部に分かれています」
「ところでその文化祭っていつなの?」
「確か来月の中旬頃らしいわよぉ~」

どわっ!

「いきなり現れないでよ美玖!」
「そうですよ美玖先輩」
「そう言う杏樹ちゃんはそんなに驚いてなさそうだけど」
「まあ、私は何事も驚かないようにしているので」

へ~。

「......とにかく出し物何にする?」

「慶先輩も居たんですね」

「......」

「で、何にするんだ?」

「ホストとキャバクラは?」

「ちょっと黙っててください」

「黙れ馬要」

「黙って欲しいわぁ~」

「本当にそれが良いと思うんですか?要先輩」

「何か皆にいきなり罵倒された~」

「そりゃそうだよ要」

要先輩って何なんだろう。
こんなにムカつく人は見た事が無いね。

「他にもっとまともな案はない?」

「迷路とか?」

「どんな?」

「「「う~ん」」」

「普通にクイズでもやって、景品決めれば良いじゃないですか」

「「「ああ、なるほど」」」

「でも、どんな景品?」

「秀先輩と要とお姉ちゃんは顔が良いから、一日一人締め券とか」

「それを言うんだったら、杏樹もじゃない?」

「私は遠慮させてもらいます」

「.......それなら、いっその事皆景品で良いじゃないか」

「そうよぉ」

「嫌です」

「杏樹、我が侭はダメだよ~★」

「そうよ杏樹」

「...分かりましたよ。その代わりどうなっても私は知りませんから」

ああ、杏樹ちゃんがちょっと拗ねちゃったよ。
なんだか、可愛い...

「結衣先輩、気味の悪い顔で見ないでください」

さっきの取り消し。

< 25/ 119 >