ケータイ小説 野いちご

世界の終わりに、君は笑う

* 一人の騎士は、己を嘲笑う




* 一人の騎士は、己を嘲笑う


人間と精霊が互いに一線を引き、調和を保っている世界――ミスティックワールド。
その世界に数多く存在する国々の一つであるアウリスは、人々で賑わう平和な国だった。

「今日も一日問題なし、と」

この国を守る騎士の一人、フェイ・ブランデルは、慣れた手つきで報告書を書き進める。

「フェイさん、夜間の交代が来ました」

「そうか。じゃあ俺はそろそろ帰るとするよ」

深く椅子にかけていた腰を上げ、フェイはその下部に報告書を上に出すように言い、部屋から出て行く。

「お疲れ様です、フェイさん」

ああ、お疲れ、と何度かあいさつを交わし、紺碧(こんぺき)の空の下(もと)、静まり返った街中を歩いて行く。
十六という若さで騎士になり、その実力と才能ゆえに、今では二十一歳でありながらも、他の者たちを上回り、この国一番の騎士となったフェイ。

「それにしても、この国は本当に平和だなあ」

夜空を眺め、その静けさに浸ろうとした矢先、細い路地の方から、誰かが近づいてくることに気付く。
次第に距離が縮まってくるその足音に、緊張が高まる。



< 4/ 200 >