ケータイ小説 野いちご











ピチピチ……小鳥のさえずりが聞こえる。

スッと現実に戻る感覚、ふわふわの温かいベッド、見慣れた天井。

あぁ……朝ね。


時計を見れば、朝の8時。

……あぁ、休日。





ふと、右手に違和感があった。

ムニムニ、柔らかいような、固いようなものを握っている……。

それが指のように分かれていることに気付き、それに思わず指を絡ませ……と、気付いた。

指、なんじゃないの、これ。


目をカッと見開き、わたしは右側に目を移した。


すると……なぜかそこにはスヤスヤと眠る泉。

その手……わたしと繋がれている手は、恋人繋ぎになっていた。


わたしがさっきした、らしい。





状況が不明すぎて、わたしは天井を見上げた。

……昨日、なにしてこうなったんだっけ。

< 15/ 19 >