ケータイ小説 野いちご

隣の席

水の悪戯心


蝉が鳴き、余りに五月蝿いこの状況
少しくらい遅れたって構わないだろうと思った自分を恨みたい

「……だぁっ!暑いねんっ!!」

* * *
一時間前


遅刻届けを受け取り担任に渡そうとしたとき

「倉沢、残念ながらお前遅刻10回目や」
「……だからなんやねん?」
「遅刻10回目はな、掃除や」
「はぁ?」



< 16/ 132 >