ケータイ小説 野いちご

白いジャージ8~先生と熱い想い~

LOVE.1
かわいい先生





―かわいい先生―





今日も青い空に白い雲が浮かんでる。




先生と結婚して2度目の春を迎えようとしている。




春の匂いがほんのり漂う3月の終わり。






「おいで、直」




両手を広げた先生。


洗濯物を干している私ににっこり微笑む。






「どうしたの?」




ベランダで向かい合った私達。





「先生、どうしたの?変だよ」



「ふふ」





先生の両手に包まれた私は、そっと目を閉じる。





「充電、充電」



先生はそう言って、私をぎゅっと抱きしめた。





「私は先生の充電器だね」




「そうだよ。直がいないと元気出ないの」





甘え口調な先生がかわいくて、私も先生をぎゅっと抱きしめる。







「私も充電~!」



「俺達、ラブラブ~」





相変わらずの私達の横で、白いジャージが揺れている。








< 1/ 374 >