ケータイ小説 野いちご

こまどりのこえ

カッターで人が殺せるか

プラスチックのボディ
薄い刃のカッターナイフひとつ
渡されて戦場へ投げ込まれた

冗談じゃない
こんな、
指先でひねりつぶせるような
脆い刃で
「あたし」を守れるか

こんな刃じゃ
曖昧な優しさすら断ち切れない

世界を否定して、
あたしは閉じこもる
繋がりなんかいらないよって
カッターナイフ振り上げるけど
突き刺すことすらできなくて
どうして…


そうか

プラスチックのボディ
薄い刃のカッターナイフはあたし
戦うための道具じゃないのに
斬れるはずもないものを斬ろうとして
思いやりみたいなものに
脆い刃ふりかざした牙を剥いた

冗談じゃない
指先でひねりつぶせるような「あたし」は
強がって粋がって
なにもかもなくしてしまいそう

強くなれない

「あたし」を切り裂いて

< 4/ 15 >