ケータイ小説 野いちご

ねぇ、こっち向いて?

あと2日





――この人は突然やって来るのです。




「…何で……いるの…?」





あたしの部屋の扉を開けたら、まーくん。


6日振りのまーくん。


いや、偵察の時に見たから2日振りかな…?





「回覧板置きに来たら、美世の部屋で待ってろって、おばさんに言われたから。」





あぁ、お母様…。


ありがた迷惑とは、このことでしょうか。




いつもなら飛びついて喜ぶあたしでも、今はそんなことしませんよ。


あ、できませんよ……。





「…そうなんだぁー…」


我ながら、下手な作り笑いを浮かべた。





< 20/ 70 >