ケータイ小説 野いちご

今カノの私と元カノの存在

※9※






シュウさんがシャワーを浴びに部屋を出ていた。



ベッドわきに置かれていたシュウさんのシャツだけ羽織って、キッチンへ戻る。


テーブルの上には携帯。



シュウさんのだ。



「ダメだから」



そう言い聞かせてるのに、体が勝手に動いて。



「信じてるから」



誰に言ってるのか分からない。





そして今……





手にはシュウさんの携帯がある。








< 103/ 208 >