ケータイ小説 野いちご

セカンドラブ

旅立ち



「母さん あたし神戸へ行こうかな?」


「いいよ~ いつ来る?
学校休みなの?」


「ううん そっちに住もうかな?」


「え? 父さんと何かあったの?」


あたしは再婚したことなど母には言ってなかった


母はあたしの話を聞いて 即


「こっちおいで!」


と 言ってくれたのだ


始めから母の言う通り 向こうへ行けば良かったんだ


それなら 辛い思いしなくて済んだのに



< 131/ 217 >