ケータイ小説 野いちご

道摩の娘

月下忍妖

「どうかしました?」

 晴明が振り向く。

「いや、…実は、藤原様からお呼びがかかってな」

「うわ」

 保憲は、露骨に顔をしかめた晴明をたしなめた。

「仕事だ、面倒がるな」

「…どうもあそこは苦手です」


 そのやり取りを聞きながら、りいは首を傾げる。

 確か、安倍邸の隣の邸宅の主も藤原様とか言った。

 同じ名前の貴族もたくさんいると聞くから、断言はできないが。


「とにかく、待たせるわけにはいかん。行くぞ」

「あ、ちょっと待ってください…」

 晴明が保憲に断りを入れ、りいに向き直った。

「私は構わぬから行け。またな」

 りいは頷いて帰ろうとするが…晴明はそれを許さない。

「…なんだ、まだ何かあるのか」

 晴明はそれに答えずに、

「…保憲兄さん」

 とんでもないことを言い出した。

「この子も連れていきます。いいでしょう?」

「おい、ちょっとっ…」

 りいは抗議の声を上げた。

「…さすがに部外者は巻き込めん」

 保憲も渋い顔をする。そうだ、もっと言ってやれ…と、りいは心中で喝采をあげた。

 だが、晴明は意に介さないというふうに笑う。

「部外者も何も…自分から首を突っ込んで巻き込まれ済みですし。大丈夫、こう見えて術師ですから」

 実は怒っていたのか、どこか言葉に刺がある、気がする。

「ままま待て!私などが貴族殿の屋敷に上がり込めるわけがないだろう!」

「…だめなら俺あんなとこ行きませんから」

 晴明がぼそりと呟く。

「…まあ人手不足だからな。いいだろう」

 保憲はあっさりと掌を返した。

 すまなそうにりいに目配せする。

 晴明は余裕の笑みを浮かべていた。

(…こいつ…)

 りいは頭が痛くなってきた。

< 43/ 149 >