ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス

好きすぎて…苦しい。


【結菜side】




――カツンッ




「――あ…」




いけない。
私ったら…。




私はしゃがみ、床に落ちたリングを拾った。




これは旦那の真琴とお揃いの結婚指輪。




“君を幸せにしたい。結婚してくれないか?”




私が真琴に言われたプロポーズの言葉。




今でも鮮明に覚えてる。




私はあの頃、真琴が大好きで…




嬉しくて嬉しくて、涙が止まらなかったっけ。




もちろん、今でも好き。




……けど…




今の私には




真琴以上に好きな人が出来てしまった。





< 43/ 90 >