ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アクアマリンの秘密【外伝】

夢の中の未来

【蒼刃side】



全体的に、視界が白くてふわふわしている。


…あれは、俺、なのだろうか?





俺に似た髪の色をした少女が一人。少女というよりは幼女、と言うべき年齢だ。
それを〝俺〟をもう少し大きくしたようなやつが笑顔で抱きかかえている。
目の色は星来のものと同じで、凛とした真っすぐなその表情も瞳の強さも星来のものと瓜二つだ。


そしてもう一人、俺の足元で俺の服を引っ張る子ども。
年はきっと、〝俺〟の抱く子どもと大差はない。
髪の色は星来のものなのに、顔つきも髪のはね方も自分に似ているような気がしてならない。





…これは、何だ?
ふわふわしていて感覚がない。


だが、一つだけ不意によぎる、一つの考え。
…もしかしたら…これは、〝未来〟…?


俺に夢で未来を視る力はない。
だから今見ているものが現実になるかなんて分からない。


だけど、きっとあれは俺の思い描く〝未来〟の〝夢〟で。
だから俺はあんなにも幸せそうな顔をしているのだろう。


…なぁ、夢の中の〝俺〟


足りていない。
その幸せそうな笑顔の傍に在るべき存在が足りていない。





「…っ…!はぁ…はぁ…。」



< 51/ 75 >