ケータイ小説 野いちご

会長サマのお隣。

★そんなに甘くはありません。



【美穂サイド】


会長サマの隣にいられる特権を持っている、地味系女子の私。


普通、これを聞いたら携帯小説のような甘いライフを想像しますが、現実はそう上手くいかないようです。


むしろ、私たちの間には甘いの“あ”の字も見当たりません。




「…美穂。お茶。」

『はいっ、只今っ!』



…強いて関係を言うのなら、主人と家来って感じでしょうか。


甘いライフを想像するのには、上下関係が激しすぎます。





< 3/ 328 >