ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿11/愛はどうだ

誰かに似た女(ひと)

「あの…」

呼び掛けられ、達郎が視線を移すと、1人の女性が立っていた。

服装は白のツーピース。

同色のコートを羽織り、黒のストッキングに低いヒール。

手にしていた水色のファイルケースが不似合いといえば不似合いだった。

「月見達郎さんですよね?」

達郎はうなずいた。

「私、国文科4年の葉野亜季と言います」

4年なら達郎の先輩になるが、達郎には4年の海外留学期間がある。

彼女が現役であれば達郎の方が年上だ。

敬語を使っているところを見ると、彼女はそのへんの事情を知っているらしい。

「あの、今よろしいでしょうか?」

「かまいません。こちらの用事はもう済みましたから」

「できればここではないところでお話ししたいのですが」

亜季は木村を気にしながら、R大学近くのコーヒーショップの名前を口にした。

「では私、先に行っていますので」

亜季は一礼し、喫茶室から出ていった。


< 12/ 55 >