ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の弐 VS金色の女狐

*第弐章*
†モデル体験!?




スタジオに戻ると



ニヤニヤ笑っている咲さんがいた。




「やーっと帰って来た♪」


「えっ??」



ジリジリと近づいてくる。



これは……危ないかも?


陸の行動パターンで何となくわかる。



何たって…陸のお姉様だし…


こ、怖いっ……!



に、逃げるが勝ちじゃ!!


咲さんから離れようとした。





が………



ガシッ!!



「どこ行くのかなぁ?杏ちゃん?」


ヒィ…!?


目の前には、ニコニコと笑う咲さん。



「なんで逃げるのかなぁ…?」



目が!!笑ってないよ!!


この人…絶対に陸と血が濃く繋がってるっ!!


当たり前かっ…!



じゃなきゃ姉弟じゃないよね…(笑)

< 71/ 698 >