ケータイ小説 野いちご

アライブ

〆侵入者



真っ暗な通路が長く続く。


3人は真っ暗闇の中を懐中電灯を片手に、念入りに注意し通路の先へと足を進めた。


そんな3人を追うように、天井で赤い小さなライトが点滅していた。


赤外線カメラが3人をしっかりと捕らえていた。


『光が漏れてる…扉があるのかな…』


亮は真っ暗闇の中、手探りで扉の取ってを手にとった。


そして、勢いよく扉を開けた。


扉を開けると眩しい光が3人を襲い、3人は目がくらんだ。


『眩しい…』


修二はくらんだ目を必死に開けながら、部屋を見ようとした。


『こ、ここは…』


部屋内を見渡した修二には驚きしかなかった。




< 99/ 470 >