ケータイ小説 野いちご

アライブ

〆死滅島の封印された秘密



死滅島の中心地帯の森の中…


『ハァ…ハァ…』


ボロボロになったスーツを身に纏った銀髪のホスト風の男が息を切らしていた。


その手には拳銃が握られていた。


そして、銀髪のホスト風の男の周りには5人程の人間が血を流して倒れていた。


カチ…カチ…


銀髪のホスト風の男は拳銃の引き金を二度引いた。


『チッ…弾切れか…』


銀髪のホスト風の男は握りしめていた拳銃を投げ捨てた。


『ふ…ふふふ…ふはははは!!』


銀髪のホスト風の男は周りを見回し、高笑いをした。


『俺は強い…誰にも負けない…自由を手にするのは俺だ』


銀髪のホスト風の男は自信に満ちた表情を見せていた。





< 82/ 470 >