ケータイ小説 野いちご

アライブ

〆生きる覚悟



死滅島の東海岸付近−。


『はぁ、はぁ…』


茶髪の長い髪を靡かせながら、橘玲子は砂の上を必死に走っていた。


『きゃ…』


橘玲子は砂に足をとられ、こけてしまった。


『待ちやがれ!!』


そんな橘玲子を追いかけるように、3人の中年男が駆け寄ってきた。


『来るな!!』


橘玲子は拳銃を乱射した。


銃弾は一人の中年男の左腕と右頬をかすめ、そして残りは砂浜に突き刺さった。


『危ないじゃないか…』


中年男はにやけた表情を見せながら、橘玲子に近づいた。


『くっ!!』


橘玲子は拳銃の引き金を引いた。



< 66/ 470 >