ケータイ小説 野いちご

戦国サイダー

五帖 萌黄

顔の前で風が起こり、妙な音がしたのでそーっと目を開けて見た。



「起きろ」


「ぎゃあぁぁぁぁっ!!」



びっくりして飛び起きたいけど、身体が動かない。


下手に動いたら朝から出血大サービスですよ!?



「騒ぐな、煩い」



そういう問題じゃないでしょうが! てか何勝手に人の部屋入って来てるの!?


ええい、それよりも何よりも!!



目が覚めたら真剣の切先が眉間一歩手前って何!?



「どっ……どけてっ……ください……」



寝ている人間に刀向けてる鬼虎も鬼虎だ。


なんでそんな覇気のオーラまとってるんですか。


私を殺す気ですか? あ、それなら寝ているうちにしますよね。


 

< 78/ 495 >