ケータイ小説 野いちご

Bitter

第六話  茴香の花実











目をとじたあなたは

海の真ん中で



両手をひろげ

夕凪を仰ぐ




その大空の片隅に



私は一点でも

存在しているのだろうか














『B I T T E R。○』
【6】茴香の花実



< 123/ 245 >