ケータイ小説 野いちご

僕にキが訪れる

7.理由

見られた。見られた。



見られた。



ちゃんと全て間引いておいたのに。

今まで腕や足からしか生えなかったから油断していた。

首筋は保護していなかった。

日の光に当たったせいなのかもしれない。

あぁ、でも、理由などはどうでもいい。


見られた。


見られてしまった。



木病だと、知られてしまった。



きっと彼女は同情するだろう。

哀れみの目で見るだろう。

そして恐怖するだろう。

未知の病に感染していた僕を。

嫌悪して、ずっと騙していた僕を、遠ざけるに違いない。

あぁそれどころか、自分にも感染しているのかもしれないと、そのことを伝えてなかった僕を、憎みすらするかもしれない。

< 111/ 206 >