僕にキが訪れる

その他

秋梨/著
僕にキが訪れる
書籍化作品
作品番号
23679
最終更新
2009/09/16
総文字数
53,434
ページ数
206ページ
ステータス
完結
PV数
1,179,469
いいね数
0
ランクイン履歴

総合27位(2008/09/19)

その他1位(2008/09/14)

ランクイン履歴

総合27位(2008/09/19)

その他1位(2008/09/14)

09/06/25 野いちご文庫より『キミが教えてくれたこと』と改題して出版!

--------------------

それは一月程前。

体がどうも思うように動かないと思っていたら、左腕の肘の辺りから明らかに人の腕には不自然な木の芽が生えていた。


むしりとったらそこから赤い血が流れた。


痛みはなかった。


あぁ自分はまだ人間なのだな、と思うと同時に。


これでもう僕も終わりかと、特に何の感慨もなく思った。




感染者は確実に死に至る、木病。
それに感染したとある少年と、
賑やかな少女のお話。


沢山の感想・レビューありがとうございます!

この作品のレビュー

★★★★★
2016/05/25 21:08
投稿者: pi-* さん
君と生きていることを忘れないで

いつか、僕が僕でなくなろうと。 僕ではない姿になろうと。 君と生きる。 笑うこともできないし、話すこともできないし、見つめ合うこともできなうけれど。 でも、君と生きていることを忘れないで。 僕はここにいる。 最後まで読み終えた時、タイトルの深さを知るお話。 あまり病気関係のお話は好きではなく、あからさまに「泣かせ」が入るので得意ではないのですが、これはすんなりと受け入れることができました。 キ病におかされた主人公が、とある委員長と生きていた軌跡は涙なしでは読めません。 ただ病気におかされて、命を問うお話ではなかったのです。 切なくて、あったかくて、気付けば涙する。 僕にキが訪れる。 委員長はキと一緒に強く生きる。そんなお話です。

続きを見る
★★★★★
2015/03/10 16:54
投稿者: 嶺央 さん
ネタバレ
終わってまた始まる物語

レビューを見る
★★★★★
2013/08/08 17:02
投稿者: 天音 紗世 さん
独創的で心温まるいい話

「木病」という名の奇病にかかり、 元々人との関わりを避けていた 主人公は余計に人との関わりに 消極的になるが、ある時から クラスの委員長が家に訪ねて 来るようになって... 今まで「泣けるケータイ小説」で 泣けたことがありませんでしたが、 このお話はとても心に沁みて泣けました。 ケータイ小説とは思えない程 完成度が高くて傑作です! 人間関係が希薄になって来た 今だからこそ多くの人に読んで 欲しい作品です。 まだ読んだことがない人は 是非読んでみて下さい。

続きを見る

この作品の感想ノート

とても泣きました。
こんなにも綺麗なお話があるんだなと思わせてくれました。

TSUKUEさん
2017/07/01 14:54

穏やかな時間と共に訪れる最期

縮まる二人の距離や変わってゆく主人公の思い

そして最期に交わす委員長との言葉


つい主人公に感情移入してしまい終始泣きっぱなしでした。

嶺央さん
2014/12/04 02:14

さくさく読めてよかったです!!
木になるなんて考えただけで恐ろしい…

2014/04/17 21:39

この作品のひとこと感想

すべての感想数:191

この作品の書籍情報

キミが教えてくれたこと

キミが教えてくれたこと

ケータイ小説文庫 ピンクレーベル

秋梨さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop