ケータイ小説 野いちご

イケメン★ハーレム

第三章
匂いフェチとデート編



「はあっ?デート?」


口がアングリと開いて閉じれない。


せっかく自分の問題が片付いたってーのに、この変態は!


「いや、だからさ。 デートしようよ」


ニコリと笑う変態、香川。


「いや、だからさ。 それを聞き違いかと思って聞き返したんだけど」


「聞き違いじゃないよ! デートしようよ」


「嫌だ」


「えー!」


えー!じゃないよ!
なんで私が変態とデートしなきゃなんないわけ!?


変態から逃げるようにしてスタスタと歩く。


「デートは嫌だけど、遊びに行くぐらいなら…いいけど」


立ち止まって、そうボソリと呟いた。


「…マジで?」


「マ、マジでよ!」


そりゃ、色々世話になったし…。
遊びに行くくらいだったら、ね。

< 61/ 117 >