ケータイ小説 野いちご

うしろの正面だーあれ

手紙




咲子へ



お前、本当に13日の金曜日、午後3時に読んでるだろうな?


信じるぞ?


え〜っと…本題な。


俺さ、実は2回目なんだ。


この人生送るの。


いきなりこんなこと言っても信じらんねぇだろうけど。


本当なんだ。


1回目は、決まってた運命を変えてしまった。


俺が死ぬ運命だったのに、俺は死なずに咲子が死んだ。


亀地を助ける為に、お前は死んだ。


そんなお前を、俺は助けなくちゃいけなかったのに。


俺は一歩も動けなかった。


怖くて。


茫然とするばかりで。


俺は、運命に背いて生き長らえてしまった。


代わりに、死ぬはずのない咲子を失ってしまった。


咲子が死ねば、咲子から生まれる子どもやその孫全てが、未来から消えた。


そんな未来に、神は困った。


そして、俺はもう一度だけやり直すことを許された。



< 664/ 675 >