ケータイ小説 野いちご

【完】花嫁修業のため、幼なじみと極甘♡同居が始まります

*極上に甘い休日*



11月の最初の日曜日。

夕飯の買い物を済ませて小言が止まらない若さんと帰宅していた時のこと。

蓮くんはお家で勉強中。

今日も難しそうな本を読んでいた。


「チームC。現在お嬢様と帰宅中だ。引き続き不審な人物がいないか見張りを続けろ」


……私のすぐ後ろを歩く若さんがもはや不審者のようだった。


今日のメニューはクリームシチュー。

蓮くんは、美味しいって言ってくれるかな……?

オムライスを食べてくれた時の笑顔が、脳裏に浮かんでくる。


< 132/ 417 >