ケータイ小説 野いちご

穢れ払い

半年前~雄大サイド~

今から半年前、その日は体育の授業でサッカーをしていたんだ。


グラウンドは男女兼用で使用していて、あちこちに砂埃が立っている。


サッカー部の連中は本気でボールを追いかけ、真剣に声を掛け合っている。


これが授業だということも忘れて、試合さながらの緊張感まで肌で感じていた。


その熱気に後押しされるように、俺はボールをドリブルしながら敵の陣地へと走った。


足の速さには自信があったから、誰もついて来られないようダッシュをかける。


そんな俺に追いついてきたヤツが1人だけいた。


陸上部のナオヤだ。


さすがにナオヤの足は段違いに速く、あっという間に真後ろまで追い付いてきた。


ナオヤの足音が近づいてくるにつれて焦りが増していくが、ゴールはまだ遠い。


コート内の仲間に視線を送ると、パスを送るように指示を出しているのが見えた。


ナオヤを巻くことは難しいとみんな思っているようだ。


しかし、俺は走りながらパスを出すのが一番の苦手だった。


いつも蹴っ飛ばしたボールはあらぬ方向を向いて飛んで行ってしまう。


今は全力で走っているから、余計に方向感覚が鈍ることはわかっていた。

< 80/ 201 >