ケータイ小説 野いちご

泡沫夢幻

高校生
*


*


「ん、、あれ、私、、」
目を覚ました女の子は辺りを見回しながらそう呟いた。



「おはよう、水瀬さん、いや、ひより。
あなた体育館で倒れたのよ。覚えてる?」
眼鏡をかけたポニーテールに髪をまとめた女性が
たった今目が覚めたその子に向かって声をかける。


「あ、私、また、、」
ようやく状況を理解したその子は目を伏せうずくまる。



「大丈夫よ、私が守るから」
頬を撫でるその女の声は
もう一度深い眠りについた彼女には届かなかった。

*


< 50/ 205 >