ケータイ小説 野いちご

キミに恋なんてありえない!?

落とすから覚悟しとけ





あれから数日。

今は体育祭の練習中。



……私、あの時めっちゃ恥ずかしいことしてんじゃん、

抱きついて離れちゃダメみたいなこと言ってた自分を恨みたい…。あのまま抱きついて寝ちゃったんだっけ。


……蒼、好きな人できたのかな?
だから聞いてきたとか?


そう考えると胸がズキッと痛む。
なんでだろ、、



あーあ!!もう!蒼のこと考えるの禁止!!
さっきから蒼のことばっかりじゃん!

それじゃ私が蒼に惚れてるみたいで…………


え?




私が、蒼に、ほ、ほ、惚れ…?



ないないない!!姉弟だし!家族だし!





変なこと考えんな!!ばーかばーか!私のばーか!





< 111/ 319 >